人生の転機

いつまでも現実逃避していられない。

ちゃんと自分と、自分の病気と向き合って、完治はできないにしても、もっと緩やかな状態が継続して続けられる・受け入れられるように変わらないといけない。

病院を変えて、先生に言われた。
「ちゃんと受け止めて向き合えているね」

ごめんなさい、まだまだいい子を演じているようであります。
他人の顔色を窺い、求められるままに可能な限り応えて過ごしてきた自分であります。

自分で自分を愛しきれないから、人のぬくもりをもとめ、優しさを求め、さ迷い歩いているんです。
いい評価をしてもらいたいがために、実力以上の力を見せて、自分や他人を騙しているんです。

仕事は格好の評価対象だし、さんざん人とトラブル続きで生きてきた自分は、使われやすい人材を演じることができるんです。
不思議と仕事に関しては力の抜きどころと入れどころがわかるんです。
だから、プライベートがうまく行っていれば仕事ではオーバーフローにならないし、やりたい仕事は続けたいと思うし、無理せず頑張れるんです。

今までで一番楽しんで取り組むことのできた仕事ですが、病気がきっかけでクビになり、1ヶ月がたちました。
かなりショックで自暴自棄になったし、危ういことも無意識のうちに選択しかけていました。
今もまだ受け止め切れていない部分があります。

いろんな思いをうまく昇華できないため、再び関東の地を離れる決心をしました。
仕事を考えれば過ごしやすい場所です。美術館もいっぱいあります。
だけど、ここはあたしの永住の地ではないと思います。
今度こそはしっかりと自分と向き合いつつ、今度こそは病気を治すことを第一に考えて生活していこうと思っています。

この病気と確実に出会って10年以上。公務員何年目から身体症状が出ていたか覚えていませんから、10年以上としか言えないけれど、あのとき別の薬をもらうなり、先生の言葉をきちんと受け止めていれば違う道だったような気もします。

直接会ってるのに言い出せなかったくせに、SNSのような一部閉鎖空間ではなくここでぶちまけてしまうのも自分らしいっちゃ自分らしいと思います。

迷惑をかけたままで逃げ続けて、お詫びしなくてはいけないあの人にお手紙を出すことを今月中の目標にしたいと思います。

人に頼られるのは嬉しいし、頼れる人がいてくれるのも嬉しいです。
あたしは幸せだし、みんなも幸せになってほしいから、基本スタンスは変わらないけど、友人知人に割いてきた愛情の一部を少しだけ自分に向けてみることにします。
最初は馴れないことに対して、拒絶反応を示すであろうことは容易に浮かび上がりますが、今のあたしには強力なサポートセンター管理人がいて、サポセンに向かってダイビングできるようになれつつあるので、変われると思います。

ここは今までよりも更新頻度が上がると思います。
いろんな情報の社会からも自分を閉ざしていましたが、ニュースもちゃんと見ようと思います。
ネタがどんどん増えて連続更新しだすかもしれませんが、アンテナだったりお気に入りだったり、ググル先生だったりでのお付き合い、今後ともよろしくお願いいたします。

投稿者: 日時: 2008年08月13日 12:03 | パーマリンク |TOPページへ   ▲画面上へ

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://copecopen.pya.jp/cgi/mt/mt-tb.cgi/158

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)


Copyright (C) 2006 - 2007 copecopen All Rights Reserved.