筆柿

見切り品で8個入って198円だったので買ってみましたよ。
完熟で美味しかったです。
柔らかい柿・歯ごたえたっぷりの柿のどちらか派に分かれることが多いようですが、
あたしはどっちも魅力たっぷりで大好きです!

皮を剥きながら、小学校3年生のときの初めて書道の毛筆の時間の戸惑いを思い出しました。

鉛筆は右手で持ちますが、元々は左利きです。はさみや球技などは左手を使います。
毛筆は鉛筆と同じく右手で持って違和感はなかったのですが、書道セットというのか、硯・水差し・墨汁・固形墨を置く位置に戸惑いを覚えたのです。
半紙の右側か左側に書道セットを置くわけですが、右利きの子は水差しや墨汁・固形墨を右手で持つわけですよね。
普段使いはすべて右手だから、戸惑いは全くないわけです。

しかし自分は、鉛筆こそ右手ですけど、普段使いは左手なわけで、筆以外は左手で持つので違和感を覚え、その違和感が戸惑いになるわけですよ。
半紙の両側でなく、上方向に置けば戸惑いはないのかもしれないですけど、いまだにあの日の戸惑いは覚えていますねえ(´ー`) フッ・・・

投稿者: 日時: 2007年11月05日 22:16 | パーマリンク |TOPページへ   ▲画面上へ

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://copecopen.pya.jp/cgi/mt/mt-tb.cgi/133

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)


Copyright (C) 2006 - 2007 copecopen All Rights Reserved.