バスパスレポート

ここで明日以降と書いたまま、ずるずるときてしまいました。
定価というべきか、希望小売価格が1155円ですたので、900円前後かしら?と思って薬局にいったんですけど、780円ほどで入手。
なかなかよいお値段設定です♪

無香料と、フレッシュアロマの香りの2種類があるんですけど、なんどか書いたように香りに酔うタイプなので、普段使う整髪剤やハンドクリーム・石鹸などは無香料を使っているわけですよ。
で、ここでも無香料にすべきなわけですが、全身からほのかに香るってのもなんとも色っぽいじゃないですか。本人が色っぽいかどうかは別として。
売り場で2本を交互に手にとって10分ぐらい悩んだんですけど、テスターがあるわけでもなく、どの程度の香りのきつさかもわからない。
洗い流すものではない=ずっとまとうということですし、毎日使うものですから、ここは慎重に無香料を選択しました。

湯船につかりながら眺めていたらば、本体裏面の注意事項に「オイル成分が床につくと、すべるなどの原因になることがあるので注意すること。」って書いてあるんですよ。
どんだけ油分たっぷりやねん!と思いながらも期待は膨らむわけです。

お風呂上りの濡れた状態で適量の1プッシュを手にとり、両手にのばしてから全身に擦り込んでいく訳ですけども・・・。
両手にのばした時点でベッタベタ。これは大変だ~と思って、しっかり擦り込みました。
ここでの印象は、サラサラタイプのベビーオイルを更にサラサラにしたかんじ。
バスタオルで身体を拭く感触は更にサラサラしています。
もうなんだかわからないんじゃないかと思いますが、これ以外に表現方法がわからないです(>_<)

擦り込んだ後に全身を撫でたときは、たしかにしっとりしてるんですけど、普段から乾燥気味な身体ですから、違和感たっぷりです。
例えて言うなら、初めて化粧水と乳液を使った後にお肌にかんじたあの違和感。わかるかな~?
普段サラサラだと思っていたのはただの乾燥状態で、保湿した後のもちもち感が最初は違和感なんですよね。

身体を拭くときに蛍光灯などで注意深く見るとわかりますが、ハンドクリームを多めにつけた直後に手を洗ったときに油分ではじいて手の甲に水滴がついてる時とまったく一緒なんですよ。
懸念していた就寝中と翌日は乾燥が気になることもなく、まあ快適に過ごせますから、あたりかな~。

でも、しっかり1プッシュの量だと、余ってしまうのでベタつきます。
軽くプッシュする3/5ぐらいの量が個人的には適量でした。

公式サイト:http://www.rohto.co.jp/prod/?jan=117116

投稿者: 日時: 2007年10月18日 22:31 | パーマリンク |TOPページへ   ▲画面上へ

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://copecopen.pya.jp/cgi/mt/mt-tb.cgi/122

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)


Copyright (C) 2006 - 2007 copecopen All Rights Reserved.