伝説の風味焼き ぶたや

伝説の風味焼き ぶたや ロースM+ご飯S
青梅街道をぼけ~っと走っていると看板が左手に見えるんです。
どっかで聞いたことのあるような店名だなって思ってたら、のんdeぽ庵という大好きな漫画の2巻の巻末に書いてありました。
そんなわけで2ヶ月ぐらい様子を見ていたんですけど(長い?w)ついに行ってきました。

事前にサイトで確認。
・豚はロースとヒレが選べるらしい。
・サイズというのか種類は3つもあるから大きさが選べるのかにゃ
・味付けはノーマル以外に100円増しでニンニクと生姜がある。
・ご飯のサイズはS~XL・・・服みたいだにょ

店内で並んで座っていると助手さんがオーダー聞きにきてくれた。
サイズは大きさでなく枚数。M3枚、L4枚、XL5枚。
ご飯はSの1.5倍がM、Mの倍がL・・・となっており、XLになると3合弱だとか。
う~む、その昔成城で大学生に親しまれていたというのはここに理由が?

実際に食べてみた。
・豚さん。
薄切り肉を多めの油で焼いたと思われるカリカリさ。ちょっと油がしつこい。胃もたれはしなかったので油が悪いわけでなく、量が多いのだろうね。
味付けはタレとスパイスとのことだけど、このスパイスがポテチの味にそっくり。
・ご飯。
Sを選んだのだけど、ちょっと足りない。普通の固さだったけど、個人的には固めが好きなのでイマイチ。固めだったらMを頼みたいところ。
・キャベツ。
千切りじゃなくて、刻みキャベツ。下にタレが敷いてあるのだけど、キャベツに対してタレが多すぎて醤油辛い。
・わかめスープ。
胡椒好きなのでちょうどいい具合だけど、塩が多め。タレの醤油辛味で麻痺した舌にはいい感じだけど、それって濃いものに合わせて濃いんだからダメだよね。

考察
・豚さん→厚めに切った肉に漬け込んで焼くと美味しそう。スーパーで言うところの生姜焼き用のお肉とか。
・キャベツとタレのバランス→20円増しのキャベツ大盛りにしたらちょうどいいかもしれない。
⇒今のままだと、ご飯よりもお酒に合わせる肴ですな。

http://www.aaafactory.co.jp/butaya/

投稿者: 日時: 2007年09月14日 21:37 | パーマリンク |TOPページへ   ▲画面上へ

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://copecopen.pya.jp/cgi/mt/mt-tb.cgi/101

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)


Copyright (C) 2006 - 2007 copecopen All Rights Reserved.