パキで自殺増加?!

抗うつ剤「パキシル」(一般名・塩酸パロキセチン水和物)の副作用が疑われる自殺者が05、06年度と2年連続で2ケタに増えたことが厚生労働省などの調べで分かった。
パキシルはうつ病やパニック障害などに有効だが、若い人を中心に自殺行動を高めるケースがあり、添付文書にはすでに警告や注意が明記されている。
厚労省は医療関係者に「患者の状態の変化をよく観察し、薬の減量など適切な処置を」と呼びかけている。

ソースはMSNニュース

自分もパキを処方されていたことがあるんだけど、依存しなかったというと、珍しいといわれるレアケース。
パキや古くからあるリタリン(通称リタ)には中毒性が高いと噂ではあるけれど、いたるところで聞く。
その裏づけがここで立証されたというか、なんというべきか、ホントに切ない。

副作用が前面にでてしまうような薬は慎重に処方すべきだけど、自分のような人間の一定症状を超えたときには良く効くのは確かでもあるんです。
自慢できる話じゃないけど、通った病院は(引越しの都合もあり)両手で数えるくらいありますが、たやすくパキを処方する医師も多いのも事実。点数高いしねw

自分が言えた義理ではないけど、自殺未遂や自殺する人が減りますように(-人-)ナムナム

投稿者: 日時: 2007年06月29日 21:34 | パーマリンク |TOPページへ   ▲画面上へ

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://copecopen.pya.jp/cgi/mt/mt-tb.cgi/90

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)


Copyright (C) 2006 - 2007 copecopen All Rights Reserved.